top of page
検索

街頭演説を行いました。


公明党丹南総支部 街頭演説(桶谷議員・加藤議員・遠藤議員)


日時 7月22日(土)AM8:30~12:10(9ヶ所実施)


内容ポイント


◆ 6月21日、150日間にわたる第211通常国会が閉会。

公明党がリードした出産育児一時金増額の財源を確保する「健康保険法の改正」をはじめ、政府が提出した法案61本のうち、約97%となる59本が成立しました。


◆ 新型コロナの教訓を踏まえ、公明党が度々主張してきた感染症対策の司令塔をつくる「新型インフルエンザ特措法等の改正」「日本版CDC法」や、孤独・孤立を社会全体の問題として取り組む「孤独・孤立対策推進法」が成立しました。


◆ さらに議員立法をめぐっては、8年前に公明党が提案した「認知症基本法」、防災・減災を着実に進める「国土強靭化法の改正」、性の多様性の相互理解を進める「LGBT理解増進法」など、いずれも公明党が合意形成を図り、実現に導きました。


◆ 少子高齢化、気候変動、人口減少社会における経済成長、さらには、厳しさを増す安全保障環境など、わが国が抱える多くの課題を乗り越え、国民の皆様に安心していただくため、公明党はこれからも現場第一主義で政治を前に進めてまいります。

Comments


bottom of page